2007年03月06日

英語 教材

「英語教材」と、ひとことで言っても、いろいろな種類のものがあります。
英語学習自体(順不同)、次のようなものがあげられます。
・リスニング
・グラマー
・リーディング
・ロングセンテンスリーディング
・カンバセーション
・コミュニケーション(ニュース, 手紙,ビジネス書類,論文など)
などなど、あらゆる学習があり、それにつれ学習教材も異なります。次に記載するのはそういった教材をランキングしたURLです。

「English Ranking 英会話教材」
 http://english-ranking.8ne.jp/03/html/index.html

教材は、数万円レベルという高額なものも少なくありません。
だとすると、英語教材を選ぶ目を養わないといけません。
しかし、選ぶ目があったら元々苦労しません。
でも、ここでひとつだけ言える事があります。
「自分のレベル、身体、生活などにあった教材を選びなさい。」
という事です。
もっと、難しい事を言ったかもしれません。

でも、今まで一度も”(英語に限らず)勉強をしたことが無い。”という人はいないはずです。
例えば、自分は音読をして歴史の勉強を成功したことがある。
という人には次のような本があります。
音読を中心とした教材(本)です。

「英語上達完全マップ」
 http://homepage3.nifty.com/mutuno/

あと、自分はいつも三日坊主で、教材を買っては止めて、また違う教材を買ってはやめてしまう。
また、勉強する時間があまりない。
などという人には次のようにオンラインで英語学習ができる教材などはいかがでしょうか?

「ケリー兄弟のインターネット上の英語教材」
 http://www.manythings.org/j/

自分の学習に限らず、生活、性格、過去の学習の実績などを考えて選んで行くというのは大事な選択方法だと思います。
しかしながら、これで絞込みは出来てもなかなかピタリと来るものを探し至るまでは行かないかもしれません。

ここで最後に提案したいのは次のふたつができるものから選んでみたらどうでしょうか?
@試してみられる事
A途中で止められる事

@は、本であれば、図書館などでバックナンバーなどを見てみるとか、CD、DVDなどであれば視聴版などがあれば聴いてみる事ができるものを探してみるのはいかがでしょうか?

Aは、膨大な巻数の本などはいちどきに全部購入すると何万円否、何十万円としてしまう場合があります。CD、DVD、テープなども同様です。それで、何巻目になってから自分の身体には合わなかったというような事だと以降のお金が無駄になってしまいます。ですから、あらかじめ、セット販売の本や途中で止められるCDセットなのかどうかを確認してから購入するのはいかがでしょうか?

英語教材選びもリーズナブルな選択ができるものを選びたいと思います。

posted by 欧米か! at 16:01| 英語 教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。