2007年03月06日

韓国 俳優

韓国映画の俳優といえば、今や「ぺ・ヨンジュンさん」(以後の俳優さんの敬称は略します)をはずして語れない程日本では有名ですね。
韓国の俳優さんをあまり知らない人でもペ・ヨンジュンだけは知っているのではないでしょうか?
彼は「100人の外交官がなし得なかった、日韓関係を深める事ができた。」と言われています。
2005年に島根県が竹島条例成立をさせ、日韓問題が深まった時にペ・ヨンジュンは、「心の国境を越えたい」とコメントし、日韓市民に訴えた事は彼の日韓友好の深い心情を表していると思います。

1俳優が外交にまで影響を与えたという例はあまりないと思います。それだけにペ・ヨンジュンの存在は1俳優を超えたものになっているのではないでしょうか?

彼の代表作と言えば映画ではなくやはり、2002年に放送された、「冬のソナタ」韓国国営放送(KBS)ドラマです。
このドラマが日本のNHKで放送されるや彼と共に女優チェ・ジウと青年役を演じたパク・ヨンハなどの韓流スターを続々と生み出しました。「冬ソナ」のロケ地の江原道・ソウル・外島には今でも訪れる人が絶えないぐらいだそうです。

最近でも韓流ドラマは日本のどこかのチャンネルで必ず放送されています。と、同時に多くの俳優を輩出して行きました。
「天国の階段」でのクォン・サンウ。
「宮廷女官チャングムの誓い」での女優イ・ヨンエ
などは、印象的でした。また、最近人気上昇中なのは人気ドラマ「オールイン」でイ・ビョンホンと共演し、今度ペ・ヨンジュンと「ホテリアー」で共演した女優ソン・ヘギョです。
韓流ドラマスターはとどまるところを知りません。

韓流の先駆けとなったのは元々、1999年に公開された映画、カン・ジェギュ監督作品の「シュリ」です。
秘密情報機関の特殊要員として、ハン・ソッキュとソン・ガンホが出演した映画です。
「シュリ」のラストに、二人の主人公が海の見える丘のベンチに座って話しているシーンがあります。このシーンの撮影が行われたのが、済州道の中文海水浴場。
海と空が一望できる見晴らしのよい所で、今では「シュリの丘」と呼ばれるほど有名になりました。

シュリに続いて2000年に公開されました、パク・チャヌク監督作品の「共同警備区域JSA」です。
主演ソン・ガンホ(シュリにも出演)、若手スターのイ・ビョンホン、中立国の女性将校イ・ヨンエらが出演しました。

映画界は1987年に第44回ベネチア国際映画祭でイム・グォンテク監督作品「シバジ」が主演女優賞にカン・スヨンが受賞したことが、俳優達を力づけさせたものがあります。

2004年に公開された「ブラザーフッド」もチャンドンゴン、ウォンビンというスターを生み出しました。

俳優達より先に日本に浸透して行ったのは韓国アーティスト達です。
BoA、ユンソナ、K、ピ、など枚挙にいとまがありません。
俳優であり歌ででも進出してきているタレントさんもいます。
パク・ヨンハ、リュ・シウォン などがそうです。

多くの俳優を紹介してきましたが、次の名鑑を見て参考にして下さい。
「goo;韓流スター名鑑」
 http://bb.goo.ne.jp/special/korea/star/
posted by 欧米か! at 15:28| 韓国 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。