2007年03月06日

中国 旅行

楽しい中国旅行をしようとしているのを潰す訳ではないが、忘れてはならないのは、中国人の抗日(反日)感情である。

まだまだ抗日(反日)感情が根強いと言われている中国であるが、若者の間ではそのようなことはないと思われる。反日感情は国策で行われている風もあり、必ずしも市民運動として行われているものでもなさそうだからだ。次の記事を参考に読んでもらいたい。

<以外に強くない若者の反日感情>
反日感情などの影響で日本への関心が薄れ、日本語学習者の数が減っているといったトーンの見方もあるようだが、私はそうは思わない。日本政府の関連機関が実施する日本語能力試験は受験希望者が増えすぎて対応できないほとだし、私の友人の中国人が経営する上海のビジネス日本語学校は学生数が飛躍的に増えている。大型書店の日本語学習書コーナーの充実ぶりは驚くほどである。
(上海時報)

これを見ると安心できそうである。最近は全日空の直行便なども各都市に増え、中国旅行も簡単に行ける時代となっているのではなかろうか。
特に昔から人気の北京、上海、香港などは日本からの旅行者も増えている。

「地球の歩き方」中国基本情報
 http://www.arukikata.co.jp/country/china.html

旅行を楽しくするポイントのひとつとして、現地の人とのコミュニケーションがとれるかどうかである。欲を言えば友人でも欲しいところであるが、現実短期間の旅行でそこまで望むのは難しいと言えよう。

だからせめて行く地域の言葉(できれば方言もクリアできるとよいが)を学習し、現地に臨みたいものである。
そうは言いながら、なかなか難しい中国語。
その為には、目標を持って学習するのが肝心である。
目的の景勝地であるとか、中華料理の現地食。中国はご存知のとおり広い。ピンポイントを勉強するだけでも大変な事である。付け焼刃でもいいから、事前に現地の人と簡単に話ができるぐらいにはしておきたいものである。

「全日空直行便」のある中国の都市とツアー
 http://www.atour.co.jp/kaigai/area/china/index.html
posted by 欧米か! at 14:23| 中国 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。