2007年03月06日

子供 英語

子供に英語を教える事。今や常識となりつつあります。
ちまたには子供向けの英語教室が乱立しています。そして子供向け英語の絵本、DVD、ゲームなどがあたり前のように書店などに並んでいます。子供が言葉を覚える最長年齢は3歳だと言われている昨今、父親母親たちは、少しでも早くから英語に慣れさせておこうと思うのは当たり前の親心かもしれません。最近では小さいうちから英語に慣れさせようと親子で語学留学に行く家族も出て来ました。

●全国区の有名な英語教室

<1歳からの教室があるもの>
「イーオンキッズ」
 http://www.aeonet.co.jp/kids/index.html
「ヤマハ英語教室」
 http://www.yamaha.co.jp/school/

<3歳からの教室があるもの>
「ECCジュニア」
 http://www.eccjr.co.jp/

<4歳からの教室があるもの>
「ベルリッツ・ジャパン」
 http://www.berlitz.co.jp/kids/kids.html

●教室もあるが通信講座に力を入れている教室
「スペースアルク」
 http://www.alc.co.jp/kid/index.html
・親子留学なども行っている

●出前教室型
「元気イングリッシュ」
 http://www.genkienglish.net/gamemenuj.htm
ここでは次のものを提案している。
・英語教室
・英語の歌、ゲーム、CD、絵カードなどの販売
・オンラインゲーム
・ワークショップショー

純粋に英語教室であるもの、通信教育なども取り入れているもの、何でもかんでもやっているものなど、形もさまざま、得意分野もその教室などによってさまざまです。ですから教室はどこが良いというものではありません。子供には個性というものがあります。例えば、教室に通わせるならばその教室の体験教室などが必ずあるので、それをお薦めしたいと思います。同じ教室といっても歌やゲームをしながらきちんとabcを進めて行く教室もあれば、英単語を中心に進めて行くような形式の教室もあります。幼児・子供専門の教室もあれば、大人、ビジネスマンまで教える教室もあります。それらを事前に調べ、長期のスパンで子供にその英語教育をして行くのか、習い事のひとつとして通わせるのかも、親としては考慮したいものです。
ここでおもしろい子供英語を教えるところをお知らせしてみたいと思います。
「ラボ・パーティ」という教室です。みなさんは耳にされた事がないかもしれませんが以外にその歴史は長く、スペースシャトルに乗った”野口さん”も、この教室の出身と聞いています。このラボは独特の英語教育観念を持っています。ここは英語教室といっても子供を遊ばせておくだけなのです。そのBGMとして英語のCD(歌や絵本の話)を流しておくだけなのです。そこの先生に聞きますと、それでいいと言うのです。
「子供は遊んでいようが何をしていようが、BGMの英語を聞いています。」
と言うのです。子供はどの子でもヒアリングの天才です。また、この教室のかわっている所は「お母さんの会」というのに力を入れ、”親子で育つ”という、一見英語教室ではないかのような目標を立てて教育をしています。とても、かわった教室だと思いご紹介しました。が、かわっているだけではなくきちんと実績も残し、毎年、多くの語学留学生をアメリカなどに送っているのだそうです。
「ラボ・パーティ」
 http://www.labo-party.jp/index.html

何度も書きますが子供には個性があります。子供に英語を教えたいのならば、子供英語ぐらいは親自身でも教えられるでしょう。でももし、英語教室などに子供を託すのであれば我が子の性格にあった英語教室を見つけてあげる事が親の一番の仕事でしょう。
posted by 欧米か! at 16:17| 子供 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。